http://www.mao-d.com/wp-content/uploads/2017/05/a0782_000049.jpg
アンテナ
http://www.mao-d.com/wp-content/uploads/2017/05/a0007_001545.jpg
アンテナ
http://www.mao-d.com/wp-content/uploads/2017/05/e1cd7e25ee91b600047c905df2bf7094_m.jpg
アンテナ

レーダー・アンテナ

アンテナの大部分の用途は放送や通信です。テレビのアンテナ、電話のアンテナを見てもらえればわかると思います。アンテナ工事の大半もこういったアンテナです。また、ICカードやRFIDのアンテナも、データをやり取りするものですので、通信用といって良いでしょう。しかし、アンテナは放送用や通信用だけではありません。レーダーとして使われるアンテナもあります。

まずはレーダーとはどのようなものかご紹介します。レーダーからは電波が発信されており、船や航空機、ビルなどの建築物といった電波を跳ね返すもの(物標)にあたった反射波を、アンテナで受信します。これにより、物標までの方位や距離を計測することが出来るのです。山の頂上で体験できるこだまと似たような原理です。

レーダー・アンテナから発信される電波は、直進性が高くて波長が短いという特徴があります。電波を送る方角に物標があれば電波の一部を物標が跳ね返してくれます。

レーダー・アンテナにおける電波の送受信の根幹部分は、通信用や放送用とそれほど違いはありません。しかし、使用する電波や操作方法は別です。

レーダー・アンテナは物標の形や大きさを判別する精度を高めるため、周波数が高めの電波が使われています。

Leave a Reply