http://www.mao-d.com/wp-content/uploads/2017/05/a0782_000049.jpg
アンテナ
http://www.mao-d.com/wp-content/uploads/2017/05/a0007_001545.jpg
アンテナ
http://www.mao-d.com/wp-content/uploads/2017/05/e1cd7e25ee91b600047c905df2bf7094_m.jpg
アンテナ

パラボラアンテナ

テレビを見るために必要となるのが「アンテナ」ですが、意外と知られていないのがその種類です。アンテナによってそれぞれ仕組みや機能も違っています。アンテナの種類を知る事によって、どのアンテナが特性があるのかを知って行きましょう。

アンテナの種類は一般には知られていませんが、良く知られているのが「パラボラアンテナ」ではないでしょうか。お皿の形をしたリフレクタと腕のようなコンバーターアームを持つアンテナで、別名「ディッシュアンテナ」と呼ばれます。衛生放送を受信するための過程用パラボラアンテナは小型となっています。一方で、通信衛星および直接送受信を行う物は直径数十メートルにも達するものが中心となっています。

他にも、向きや素子の本数を調節することで遠距離からの受信も可能な「八木式アンテナ」というものもあります。魚の骨のような形の「素子」という部分を使って受け取る電波を調節します。

2極のアンテナと言われている「ダイポールアンテナ」というものもあります。最も構造がシンプルとも言われるアンテナで、自作されることも多いのが特徴です。自作されたアンテナはアマチュア無線のアンテナとして使われます。